LINE@始めました。

ブログでは書けないこととかも書いていきます。
登録してくださったあなたにに毎月お得な特典をお送りします。

むっちり村の谷口崇さんのツイートが
先月すごいリツイートされていました。

実際、2万件以上リツイートされています。

たしかに、

「やまない雨はない」
は、よく使われます。

特につらい思いをしている人を

励ます時によく使われている言葉では

ないでしょうか?

でも、この言葉をかけれれた人って、

谷口さんのツイートにあるように

「いや、 やまない雨はないじゃなくて、

いま降っているこの雨がたえられないんだけど」

っておもっている事の方が

おおいのではないでしょうか?

僕も、うつで苦しんでいた頃、

励ましの意味で「やまない雨はない」

なんて言われたことがありました。

当時、僕が思っていたのは

「いつやむの?」

「どうすれば早くやむの?」

「やむまでどうすればいいの?」

ということでした。

「やまない雨はない」

今、雨に降られている人

(辛い渦中にいる)にとって、

気休めにもならないのではないか?

また、安易にこの言葉をかける人は

つらい経験をしていないのかもしれません。

僕自身、回復した今、

ウツだったことが学びとなり

経験となりそして糧となっているので、

「鬱になった事に感謝している」や

「鬱になってよかった」と言っていますが、

もう二度と経験したくはないというのが本音です。

ぼくの場合は、妻との出会い

とみたろうさんとの出会いの

お陰で、土砂降りの雨が止みました。

ミラクルタッピングⓇや

リミットブレイクマスターⓇとの

出会いが、ぼくに降っていた雨を

さえぎってくれました。

僕の場合は、たった1日で、

雨がやみました。

それから、今僕がしている事は、

今ふっている雨に対処するための方法を

伝える事

いつやむかわからない雨に嘆くのではなく

傘をさしたり、雨宿りをしたり、濡れた体を温める方法を

伝え、自分で対応できる方法を伝える事をしています。

もし、あなたの心が今、雨に濡れているのなら、

心に傘をさしませんか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で引き寄せ実践塾をフォローしよう!