この記事の所要時間: 628





人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると
励みになります
↓      ↓     ↓

 

引き寄せの法則ランキング



引き寄せは「今」がカギ!

あなたの今この瞬間の思考が引き寄せに作用します。

なので将来のことを考えて不安や焦りを感じているとそれは「今」感じています。

ですがその不安な未来って、あなたが勝手に想像したものです。

必要のない不安と焦りを感じてることになっちゃいます。

「今」に集中することができれば不安や焦りからも解放されるようになります。

プロスポーツ選手や一流の職人さんを見てるとその瞬間の集中力ってすごいです。

「今」を積み重ねることで素晴らしい記録を残したり、素晴らしいモノを作り出したりします。

「今」に集中することであなたらしさを保つことができるようになります。

なぜ「今」に集中できないの?

「何かをしているときに他のことを考えていてミスをしてしまう」

という経験はありませんか?

かなり以前のことですがTVである高校生が勉強に集中できないので環境を見直すというような番組がありました。

できない理由の一つに今やる教科以外の教材が机の上にあることが原因ではないかということでした。

別の教科が目につくと心理的に「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と焦ってしまうそうです。

 

同じように、仕事でも家事でも「今何かをしている時に次にすること」を考えていると結局中途半端になりやすいです。

集中できない原因には

  1. 脳のストレス
  2. 睡眠不足
  3. 集中力を妨げる環境
  4. 糖質の不足
  5. 水分の不足
  6. ホルモンバランスの乱れ
  7. 妄想癖
  8. 集中力が欠如する病気

の8つがあるとされています。

スポンサーリンク

今ここに集中する解決方法

原因や理由はわかったけれど実際にはどう対応すればいいでしょうか

ただ目の前のことに一つ一つ丁寧に取り組む。

何かを取り組むときの「思考」が大切になります。

例えば料理でお味噌汁だとしたら昨日のお味噌汁よりも美味しく作ると考え、

  • だしを変えてみたらどうなるか
  • 具材を丁寧に切ってみる
  • 沸騰の直前で火を止めたときの味は・・

というように目の前のことを極めることに意識と思考を持っていくと自然に「今」に集中できます。

また達成感を味わい喜びを感じると、あなた自身の成功体験となり、過去や未来のネガティブなことを考えるスキマがなくなってきます。

マルチタスクよりシングルタスクで処理する

マルチタスクというのは元々はIT用語でしたが今は複数のタスク(仕事や作業)を同時に行うこといいます。

例えば職場や最近ではカフェで電話をしながらメールを書いたり、資料を作ったりしている人見かけたことはありませんか?

そういう人たちというのはなんとなくですですが効率的に仕事をこなしているように思え憧れている人も多いそうです。

ところごある研究によると、マルチタスクを行なうと生産性が最大40%も下がってしまうという結果がでたそうです。

そもそも人間は2つ以上のことを同時にできない

実際は別々のタスクを瞬時に切り替えているスイッチタスクと呼ぶのが正しいそうです。

呼び方が変わったとしても生産性が下がっていることには変わりはありません。

一つのことに集中している時よりも、ミスが増えたり作業スピードが低下してしまい、タスクが複雑になればなるほどその確率も高くなっていきます。

作業を切り替えを1回行なうのにかかる時間は0.1秒だったとしても塵も積もれば山となり切り替えばかり行っていては結局生先生も下がってしまいます。

人間は2つ以上のことは同時にできません。

言い換えれば、タスクを一つずつしか認識できないということです。

なので電話をしながらメールを書いたりしていても、認識しているのはどちらか一つのみです。

そういった時は相手の会話を聞き逃してしまったり、誤字脱字のあるメールを送ってしまったりとリスクが高くなります。

またスイッチタスクは非効率だけでなく、ストレスも高くなるという研究結果も出ています。

シングルタスクにするメリット

  1. 目の前の作業に向き合える
  2. 普段なら後回しにしたくなることでもできるようになる
  3. ストレスが減る
  4. 時間の無駄に耐えられなくなり、より集中できるようになる
  5. 価値があることや楽しいことに集中して時間を使えるようになる

いきなりシングルタスクにシフトするの難しいかもしれませんが少しずつシフトしみてはいかがでしょうか?

例えば会議にスマホを持っていってしまうけれど、それをやめてみたり機内モードにしてみたりという風に少しずつ変えてみるだけでも成果は出てきます。

大事なことはシングルタスクを普段から意識すること。

そしてそれぞれのプロセス、順序、要領などを大事にしながら、物事を一つ一つ丁寧に正確に行っていく習慣を身につけていくことですね。

シングルタスクのコツは一つ一つのタスクを細かく分解することです。



十分な休息をとり脳を休める

今ここに集中できない原因として体だけでなく脳が十分休めていいないということがあります。

十分な休息をとり脳を休ませることで集中力がまします。

脳を休める方法としては次のような方法があります。

お昼寝をする

脳の疲れをとるのにお昼寝は効果的といわれています。

しかしただお昼寝をしても効果を得られないどころか夜の睡眠に支障が出てしまうのでいくつか注意することがあります。

横にならず座ったままの姿勢で

深く眠り過ぎてボーッとしないように、横にならず座ったままの姿勢で眠ります。

デスクに突っ伏したり腕を組んだりするとからが安定して眠りやすくなる

時間は20分以内にする

個人差はありますが目安は20分。

それ以上寝てしまうと、夜の寝つきが悪くなったり睡眠の質が落ちるそうです。

寝る前にコーヒを飲んでおく

お昼寝前にコーヒーを飲んでおくとカフェインが効き始める頃に起床時間がくるので、スッキリと目覚めることができます。

お昼寝をする時間は14時頃までに

昼食を消化するために血液が胃に集中して脳の活動が低下するタイミングですが、14時頃までに寝ておくことが効果的です。

それ以降だと夜眠れなくなる可能性があるります。

マインドフルネスなどのメンタルケアをする

集中できない原因の一つに精神的な不安定というのがあります。

なのでメンタルケアを行うことで集中しやすい心になりやすくします。

そんな中でマインドフルネスは効果があるとされています。

そのほかにも感情を解放するメンタルスキルを身につけておくと不安を感じたり、焦りを感じた時にとてもやくにたちます。

 

 

 

いかがだってでしょうか?

もちろん僕もあなたも人間ですから、集中力が続かないときもあります。

そんな時は意識を「今」に戻せばいい

その時はまた、意識を「今」に戻せばいいだけ。

「今、ここ」に集中することは、今を楽しむことでもありますよ。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます

感謝感謝

2018年03月に人気のあった記事

人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると
励みになります
↓      ↓     ↓

 

引き寄せの法則ランキング



引き寄せのわからない、しらない、間違ってるを解消する 幸せを引き寄せる言葉
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール