引き寄せ

感情(氣分)は引き寄せのナビゲーションシステム

LINE@始めました。

ブログでは書けないこととかも書いていきます。
登録してくださったあなたにに毎月お得な特典をお送りします。

「思考していること」が引き寄せられるのであって、「望んでいること」が引き寄せられるわけではない。

引き寄せの法則によれば、思考は現実化すると言われています
意識的にであろうと、無意識にであろうと、あなたが思考しているようなこと(思考のエッセンス、本質、性質、いい氣分なことかそうでないか、というようなこと)を引き寄せ、そして現実として経験することになるそうです。

引き寄せにおいて重要なのは、

あくまで「思っていること」が引き寄せられるのであって、「望んでいること」が引き寄せられるわけではない
ということです。

望んでいることについて思考していれば、望んでいることが引き寄せられてきます。
望んでいないことについて思考していれば、望んでいないことが引き寄せられてきます。

この宇宙においては、「何か引き寄せる」ことがベースとなり、「何かを追い払う」ということがないそうです。

望んでいることであっても、望んでいないことであっても、とにかく思考を向けていることが引き寄せられてくるようです。

なにかに関心を向けた時に、それに対して「これは嫌だ」と思えば、それが引き寄せられてきますし、
なにかに関心を向けた時に、それに対して「こはいいな」と思えば、それが引き寄せられてくるということです。

「思考を向けていることが引き寄せられてくる」と理解した多くの人たちが、自分の思考を監視して、きちんとコントロールしようと思うようになると言われています。

ですが、思考というものはなかなか厄介なもので、自分で意識している思考もあれば、無意識のうちにしている思考もあります。

たとえば「ピンクのゾウを絶対にイメージしないでください」と言われても、言われたそばからピンクのゾウをイメージしてしまうように、自分の思考を監視してコントロールするのはなかなか難しいんです。

ところが、実は望むものに関心を向けて、望むものを引き寄せるために、自分の思考を監視する必要はないそうです。

じつは、僕たちにはある素晴らしいセンサーが備わっているそうです。

「感情」(氣分)という名前のセンサーです。

感情(氣分)と言うセンサーは、「あなたが、今どんな思考を宇宙に投げかけているか」という事をあなたに教えてくれいるそうです。
いい氣分のときは、あなたにとって望ましいことを引き寄せるような思考をしている、という意味になるそうです。

自分がどんな気分なのか、どんな感情を感じているのか、ということに敏感になって、いつもなるべくいい気分がするようなことに思考や関心を向けるようにすれば、あなたの引き寄せるものも気分がよくなるようなものに変化していくのです。

これがよく言われる「なるべくいい気分がするような思考を選ぶようにする」ということだそうです。

実は感情とは、あなたが今、望むことに関心を向けているのか(つまり望むことを引き寄せつつあるのか)、それとも望んでいないことに関心を向けているのか(つまり望んでいないことを引き寄せつつあるのか)ということを、あなたに教えてくれるナビゲーション・システムといえます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でHisco 引き寄せ実践塾をフォローしよう!

わずか1日で心のブレーキを外せる達人に・・

何年も外れなかった「心のブレーキ」が、たった1分で外せたら、あなたはどうなさいますか?
自分で心のブレーキを外すことができたら、人生は加速的に良くなります

お申し込みはこちら

コメントを残す