この記事の所要時間 約 453


 

スポンサーリンク

メルマガ
引き寄せのわからない、しらない、間違ってるを解消する 幸せを引き寄せる言葉
読者登録フォーム
お名前  名
email
受信形式 HTML  テキスト

ご興味があれば是非ご登録をお願いします



人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると
励みになります

↓      ↓     ↓

 

引き寄せの法則ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

頑張らないってどういうこと?

最近、流行りの頑張らないブーム

あなたは大丈夫だと思いますが、これを額面通りに受け止めて何もせずにダラダラしたりするアホな人たちが一定数います。

そういうアホない人たちは間違いなく引き寄せを魔法か何かだと勘違いしています。

またそういった人たちを煽るように引き寄せやスピリチャル関連のブロガーやセミナー講師やセラピストが頑張らなくていい的な記事を乱発します。

まずそういった頭がお花畑になって思考が停止している人にもそうでない人にも頑張ると頑張らないがどういうものかを定義したいとおもいます。

実際、頑張らなくていいと書いているブログや書籍、メルマガ、セミナーをいろいろ読んだり聞いていると色々定義はまちまちのようです。

ただ要約すると

頑張るとは、本当はやりたくない事を無理やりする、無理やりやる。

頑張らないとは、本当はやりたくない事を

つまり頑張らなくていい伝えたい人たちがいいいのは、

心が望まないことはやめて、本当に心が望むことをやろう。

ということになります。

 

頑張らないの誤解

あなたが追求したい事や好奇心が刺激されること、ワクワクして楽しいことに時間と労力を掛けている時というのは頑張ってると感じていないはずです。

そしてこれが頑張らないの一番誤解を生んでいる原因でもあります。

傍から見てあなたがどれだけストイックに見えていようが、過酷なスケジュールで睡眠時間をどれだけ削ろうが、あなたが楽しくやっている以上は頑張っていないという定期義になります

頑張らないブームが起きた背景には多くの人が

  • 常識
  • 親の期待
  • 世の中のルール
  • 周りの目

というようなあなた自身以外のなにかにあなたの人生を決められ、○○しなければならない、○○してはいけないという価値観で心を壊して苦しんでいたということがあります。

多くの人が本当はやりたくないことを頑張ってやっているんです。

頑張らなくていいの本当の意味は

多くの人が本当はやりたくないけれど頑張ってきましたが、本当の意味での頑張らなくていいというのは、

  • やりたくない事をやめてもいい(無理に人の期待に応えようとしなくてもいい)
  • やりたい事を我慢せずにやってもいい(役に立つとか立たないではなく、楽しいそうと思えること)
  • 言いたくない事を言わなくてもいい(無理に人に合わせて愛想笑いとかしなくてもいい)
  • 言いたい事を言ってもいい(本音、ときには我儘も)

ということです。

頑張らないを勘違いしないで

ここまでで、既にわかっていると思いますが、頑張らないとはダラダラしたり、何もしないという事ではありません

どちらかといえば、あなたが心から望んでいることをドンドンやることが頑張らないということです。

頑張りすぎてき人は要注意

ずっと頑張り続けていた人には注意しなければならない事があります。

それは頑張り続けたために心の声が聞こえにくくなっているという事です

心も体もやすめていない、リラックスできていない、感情をずっと押し殺してきたそんなことがずっと続いていて、自分が何に心が動かされるのかが分からない、感じられないという事が多くなっています。

もしあなたもそういった状態だとかんじたら、そういった場合の時だけ、ひたすら休んでください、ダラダラしたり、のんびりしたりしても大丈夫です

ある程度、満足出来たら、きっと何かを始めたくなるはずです。

 

この時に大事なことは休んでいる自分を責めたりしないという事です。

自分を責めながら休んだつもりでいても、休めていませんから。

 

頑張らなくていいを言い訳に使うな

 

頑張らなくていいに限ったことではないのですが、引き寄せでのイメージング、頑張らなくていい、スピリチュアル、インナーチャイルドといったものをやりたくない事から逃げるための言い訳にしている人が増えています。

先ほどもかきましたが頑張らなくていい本当の意味は

  • やりたくない事をやめてもいい(無理に人の期待に応えようとしなくてもいい)
  • やりたい事を我慢せずにやってもいい(役に立つとか立たないではなく、楽しいそうと思えること)
  • 言いたくない事を言わなくてもいい(無理に人に合わせて愛想笑いとかしなくてもいい)
  • 言いたい事を言ってもいい(本音、ときには我儘も)

ということです。

やりたくないことがあるのであれば、言いたい事を言いましょう。

これをやりたくない、本当はこれをやりたいです。

ただこの言葉を口にするには相当の勇氣がいります。

そこには当然ながら、責任などいろんなことも絡んできます。

ですがしっかりとやりたくない事を代わりにやってくれる人や、本当にやりたい事のスキルを身につけ、準備をすればこの言葉を口にした後、本当に頑張らなくていい状態になることができます。

頑張らないためにもしっかりとした準備や努力が必要です。

今のまま頑張り続ける事も、頑張らないための努力をすることもどちらを選ぶかはあなた次第です。

スポンサーリンク


 

あなたが更に幸せになるために

今回の記事がお役に立てば嬉しく思います。

最後までお読みいただき有り難うございます。

感謝感謝
 


ブログランキングとブログ村のランキングに参加しています。

こちらをクリックしてランキングアップにご協力いただけると今後の励みになります。

お陰様でブログ村 引き寄せの法則カテゴリーPVランキング1位です。

 

こちらをクリックしてブログ村のランキングアップにご協力いただけると今後の励みになります。

 

妄想は世界を救う。~妄想万能説~のかずみんさんや、ゆっくり暮らそう!~願いは叶います!~のいるかさんを押さえての1位です。

これもブログを読んでくださってるあなたのおかげです。

 

 



引き寄せ力インストールセミナー

懸命に引き寄せのワークをやっているの引き寄せが起きない

小さな引き寄せが起きるようになったけれど、長続きしない

なぜ、引き寄せが起きないのか?

それは、あなたの引き寄せ力が弱いからかも

腕力が弱ければ重たいものを持ち上げられないように

引き寄せ力が弱いと大きな引き寄せはなかなか起きません。

引き寄せ力もトレーニングが必要です。

色々な引き寄せセミナーで言われていることも引き寄せ力をつける効果がありますが、

引き寄せ力をつける効果的な方法をお伝えします。

とてもシンプルな6ステップを実践するだけであなたの引き寄せ力が強くなっていきます。

現在お申し込みできません


ブロトピ:Tweet

ブロトピ:ブログ更新通知

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で