この記事の所要時間: 545

[アイキャッチモデル: 茜さやさん 公式ブログ]





人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると
励みになります
↓      ↓     ↓

 

引き寄せの法則ランキング



思考は現実化するの?しないの?

引き寄せとどうしても結びつけたがる「思考は現実化する」ということ。

まず思考は現実化するのでどころはというとあなたもご存知だと思いますが、ナポレオン・ヒルが書いた「思考は現実化する」という書籍が日本ではじめて「思考は現実化する」という言葉が使われたと思います。

ですが、ナポレオン・ヒルのこの邦題は原題と意味が異なります。

洋書のタイトルは「think and grow rich」は「豊かに考えて成長する」といった意味になります。

更にthinkとgrowの頭文字を大文字にした「Think and Grow rich」だと「思考と豊かな富」という意味になります。

どこにも「現実化」という言葉はでてきません。

ただ内容を踏まえる「思考は現実化する」ということになるのだと思います。

ところであなたは今まで思考は現実化しました?それとしてない?

 

 

ほとんどの人が勘違いしていること

「思考は現実化する」という言葉を多くの人が「願いが叶う」ことだと勘違いされいるように思います。

願いとは基本的に「こうなってほしいと思う物事」のことですが、これを思考というでしょうか?

確かに頭の中や心に思い浮かべることではありますが、思考ではありませんね。

願望と思考は別物ということです。

例えばですが、あなたがのどが渇いて何か飲みたいとなったときを思い浮かべてみてください。

のどが渇いてお茶が飲みたいと思ったときに冷蔵庫にある麦茶を取りに向かっているとき、すでにあなたの頭の中では「お茶が飲みたい」(願望)から「お茶を飲む」「お茶を飲もう」という思考に変化しています。

しかしもし冷蔵庫に麦茶がない場合、「飲みたい」の状態がしばらく続くこともあると思います。

例えば出先で周りにお店もなく、自動販売機もない場合、「飲みたい」が続く場合と「飲む」という思考に切り替わってお店や自動販売機を探し始めるかのどちらかになっていると思います。

「思考が現実化する」を勘違いしてしまうのは思考と願望の区別できていないためです。



◯◯したいから、◯◯するへと変化したとき現実化する

願望から思考に変わったとき始めて現実化へと進みはじめます。

しかし多くの人が「◯◯したい」のまま止まっているため。

現実化されることはありません。

願望実現のメソッドなどで現在形や完了形でノートに書いたり話したりするように伝えているのは願望ではなく思考の形で顕在意識や潜在意識にするこむことで行動させやすくし現実化しやすくするためです。

 

しかしいくら現在形や完了形で書いたり話したりしても叶いにくいのは、不安や恐怖といった感情が別の思考を生みだしてしまうからです。

別の思考とは、「自分にはできない」「叶うはずがない」といった思考です。

そういった思考があるうちはどれだけ現在形や完了形で書いたり話したりしても叶うことはありません。

多くの人がカウンセリングを受けたり高額な自己啓発のセミナーに参加してもなかなかうまくいかなかったのは、不安や恐怖を取り除く方法については勇気や根性といった形での指導が多かったからだそうです。

大きな望みを思考に変えて行動に移そうとした時、人は防御本能として負の感情が生みした思考に支配されやすくなります。

そうした時に負の感情を取り払うメソッドを知っていると「自分にはできない」「叶うはずがない」といった思考が湧き上がってこなくなるので行動に移せるようになり現実化されやすくなります。

負の感情を取り払う方法を知っているか否かで現実化されるかされないかが大きく変わってきます。

「誰でもできるメンタルセラピー」は簡単な動作で負の感情を取りはらえるメソッドです。

この手法を習得してくれた方が願望から思考に変化させて現実化させて人生を好転させていくというのはある意味、当然といえば当然のことなのかもしれません。

負の感情を取り除けると、願望が思考に変わり行動が変化していきます。。

こうして「思考が現実化」されるんです。



思考が現実化しない人の心理とは?

思考が現実化する仕組みをお伝えしましたがそれでも負の思考が現実化してしまう人というのは少なからずいます。

そういった人の心理とはどんな状態なのか?

いくつかありますがまず自己重要感や自己肯定感が低く自分を信じていない為、人も信じていないという状態ということがありえます。

この状態を僕は負の自信と読んでいるのですが、自己重要感や自己肯定感が低く自分を信じることができていないにも関わらず。

こういった仕組みをお伝えした時に自信を持って私には出来ないと宣言してくれます。

辛い思いをされてきたもしくは現在進行形の方に多いのですが人というのは、恒常性というものが働きどんなに辛い状況であったとしても今の状況を本能的に変える事に苦痛を感じるそうです。

変わりたいという願望を持ちつつも負の感情がそれを邪魔をして「変わる」「変わろう」という思考に変化することがありません。

僕自身はそういったウツという辛い時期を経験していますが変わるよりもむしろ元の状態に戻るという思いが今の自分を作り出したと思いっています。

変わるのではなく元の状態に戻ることを意識しはじめると本当の意味での「思考は現実化する」を目指してみてはいかでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

あなたが更に幸せになるために 今回の記事がお役に立てば嬉しく思います。

最後までお読みいただき有り難うございます。

感謝感謝

こちらをクリックいただけますと今後の励みになります。

 
 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

 

誰でもできるメンタルセラピー講座

自分自身が自然体になり、幸せ感を感じる。そして、同時に周りのたくさんの人へ。

「心のブレーキを外すと人生(家庭やビジネス)が加速します。」

簡単・超強力。 世界最先端のタッピングセラピー

ツボを軽くトントンたたくだけ。「心のブレーキ」「マイナスの思い込み」を わずか数分で外し、人生がより加速するための手法です。

不安・緊張・恐怖・怒り・悲しみから簡単に解放してくれます。※ツボはWHO(世界保健機構)で認められています。

健康を取り戻した人、夢の実現に近づいている人、引き寄せが次々に起こるようになった人など、

受講した人達のその後の人生が大きく変化したというご感想をいただいています。

【誰でもできるメンタルセラピーの特徴】

「自覚できる心のブレーキ」は顕在意識(自覚できる意識)の中にあるといわれています。

例えば「試験やプレゼンなど大きな本番になると緊張してしまう」

「高いところが怖い」

「特定の人や動物、虫などが苦手」

「トラウマが消えない」

「過去の怒りが根強く残っている」

「仕事上やプライベートで苦手な人がいる」

「食べたい、飲みたい、吸いたい」

などです、それらの特徴は「自覚できる」ことだといえます。

それらの「自覚できる心のブレーキやマインドブロック」に対してとても有効な手法です。

「対人恐怖」ひとつをとっても通常のセラピーでは何年かかってもあまり変化がないことがほとんどではないでしょうか。

そんな中、この手法を使うと、わずか数分で数十年来の「自覚できる心のブレーキ」がその場で外れることは珍しくありません。

セラピーの所要時間はわずか数分。

90%以上の方がその場で『体感』があることも特徴の一つです。

セラピーを行う際に「深い聞き取り(掘り下げ)」の必要もなく、自分自身での施術や遠隔への施術も行えます。

 

そして、自覚できる心のブレーキの原因となっている潜在意識のブロックも解放できるようになります。

人生を大幅に加速するイメージングアップタッピングや金運アップのタッピングもあり夢実現や目標達成を更に強力にサポートする手法になったといえます。

自分だけでなく周りの人たちとともに更に幸せになりたいとお考えならお勧めの手法です。

誰でもできるメンタルセラピー講座の
参加申し込みはこちら

2018年01月に人気のあった記事

人気ブログランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると
励みになります
↓      ↓     ↓

 

引き寄せの法則ランキング



引き寄せのわからない、しらない、間違ってるを解消する 幸せを引き寄せる言葉
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール