願望実現、夢実現、願望実現脳、引き寄せ、引き寄せの法則、引き寄せの教科書、ヒプノセラピー、シータヒーリング、マインドブロックバスター、カウンセリング、コーチング、NLP、自己啓発、EFT、タッピングセラピー、マインドフルネス等のセラピー、コンサルティング、コンサルセッション技法がありますね。奥平亜美衣さん、心屋仁之助さん。マインドブロック、メンタルブロック、ネガティブな感情、マイナスの感情、心のブレーキ、思い込みは『和のメソッド』『引き寄せ加速装置』ミラクルタッピングⓇ、「次世代の究極のセラピー」進化版リミットブレイクマスターⓇ、新型エネルギーマイスターⓇや『超引き寄せ禁断の3ステップ』「超願望実現禁断の3ステップ」を使うと簡単に外れます。超簡単で強力な技法です。『和のメソッド』の創始者として、これからもたくさんの方にお会いしていきます。マインドフルネス、メンタルフルネスや企業研修でも効果を上げているのがミラクルタッピングです。Happy(ハッピー、happyさん、HAPPYさん、Happy)さんも。ミラクルタッピングではマインドフルネス、メンタルフルネスといったメンタルタッピングもあります。和の引き寄せ、引き寄せの法則を「願望実現脳は1分でつくれる。世界一かんたんなマインドフルネス法」(大和出版さん)KADOKAWAさん、「引き寄せの公式」「引き寄せの公式2」(パブラボ出版:山富浩司やまとみこうじ著 とみ太郎、富太郎、とみたろう)を使うと、引き寄せが起こり、さらに人生は加速していきます。メンタルコーチ、コーチング、ヒーラー、医療従事者、医者、医師、看護師、教育、先生、セラピスト、カウンセラー、カウンセリング、経営者、夢実現、コンサルタント、東京オリンピック関係者、教育に携わっている方が『和の心』『和のメソッド』「和の引き寄せ」を広げていってくださっていることに大大感謝です。体験、体感、体験会、体感会、スペシャリスト養成講座、インストラクター養成講座、セッション、スプーン曲げ、マインドフルネス、マインドフルネスタッピング、願望実現脳は1分でつくれる、大和出版さん、がんばらなくても、うまくいく、引き寄せの公式、量子力学、素粒子物理学、素粒子 妄想はもうそうなる 幸輝 奥平亜美衣 秋山まりあ 山富浩司 山富浩司は詐欺師 お金が全てではないけれど、お金でできることがたくさんあります。 引き寄せの法則 妄想よりも理想を 妄想はもうそうなる うまくいったのはあなたのお陰、いかなかったら僕のせい 引き寄せの法則はもう古い 引き寄せはもう古い 頑張らなくていいの真実 がんばらなくても、うまくいく ―自分を変えなくても大丈夫、無理しなくても大丈夫 「楽」よりも『楽しく』を意識すると 引き寄せは加速する

スポンサーリンク





苦労と努力は違う

辞書によると

苦労というのは

1 精神的、肉体的に力を尽くし、苦しい思いをすること。「苦労が絶えない」「苦労を共にする」「苦労の種」「苦労して育てた子供」
2 (多く「ごくろう」の形で)人に世話をかけたり、厄介になったりすること。「ご苦労をかける」「ご苦労さま」

とあります

一方で努力というのは

[名](スル)ある目的のために力を尽くして励むこと。

とあります。

どちらも力を尽くすという意味では共通していますが、根本的に意味が違うように感じます。

苦労というのは外的要因によって苦しい思いをさせられるという要素が強くその先に成長がないように感じます。

しかし、努力というのは、ある目的(夢や目標)の為に力を尽くすことですから、自主的に動いているように感じます。

苦労はした方がいい?

言葉の意味そのものを考えてみると、苦労はしない方がいいというよりしたくないですね。

けれど、努力は忘れてはいけないのだと思いませんか?

今の仕事をするようになってから特に思うようになったのですが

言葉の意味を知らないもしくは間違えたりごちゃ混ぜにして使っているなぁということです。

「若いうちに苦労はした方がいい」という言葉は本当にそうなのだろうかと思いませんか?

苦労の意味の力を尽くすという部分はわからなくもないですが、精神的、肉体的に苦しい思いをする必要はあるのでしょうか?

「若いうちに努力した方がいい」だと、何か目標があり力を尽くしているので、いろんなことを経験するので、やった方がいいなぁ感じませんか?

スポンサーリンク





楽をしたらいけないの?

苦労の反対語となるのがという言葉になると思いますが、あなたはという言葉にどんな印象をお持ちですか?

楽しい

しんどくない

疲れない

サボってる

手を抜いてる

という印象が多いのではないでしょうか?

楽を辞書で調べると

1 心身に苦痛などがなく、快く安らかなこと。また、そのさま。「気が―になる」「―な姿勢」「どうぞお―に」
2 生計が豊かなこと。また、そのさま。「不動産収入で―な暮らしをする」
3 たやすいこと。簡単なこと。また、そのさま。「―な計算問題」「―に勝てる相手」

という意味が出てきます。

先ほどの印象であげた言葉の「サボる」や「手を抜く」という意味は存在していませんね。

ですが「をしてはいけな」とよく言われますね。確かに、仕事などで手を抜くと心身的な苦痛がない状態になれますから楽な状態にはなっていますね。特に昔は、自分自身の肉体を使うことがほとんどでしたから、サボったり、手を抜くことで苦痛が減ったのは事実ですからそれを咎める意味で楽をしてはいけないとなったのではないかと思います。

やっていい楽と、やってはいけない楽がある?

をしてはいけないとしたら、例えば電車や自動車で移動することは何故OKなのでしょうか?自分の体を使わずに歩くよりも遥かに短時間で遠くまで移動できます。今から約150年前の日本ではまだ移動は徒歩が基本でした。

他にも、全自動洗濯機を使っての服の洗濯することは何故OKなのでしょうか?

まだまだ、挙げれば出てくると思いますが、

をすることには、やっていい楽やってはいけない楽があるということではないでしょうか?

そしてこの二つの差があるのだと思います。

やってはいけない楽の多くが他者に迷惑を掛ける行為になるということが挙げられると思います。仕事などで手を抜いてしまえば誰かに迷惑がかかります。誰かに迷惑がかかるような楽はしてはいけませんね。

逆にやっていい楽というのはあなただけでなく周りも幸せになれる楽なのだと思います。言い方を変えれば効率化と言えるかもしれません。

そして、やっていい楽というのは誰かがそれをし始めるとみんなが楽になるという状態です。こういう楽はどんどんしていきましょう

やっていい楽に隠れているもの

みんなが楽になれるやっていい楽に実は隠れているものがあります。

それは誰かの努力です。

もちろんあなたの努力の場合もあります。

例えば、自動車の場合、あなた以外の誰かが努力し今の車を開発してくれたからあなたは今楽に遠くまで移動することができます。

他にもあなたが例えばスーパーの品出しの仕事をしているおかげで、僕はわざわざ農家やメーカーに行かなくても野菜や、調味料などを近くのスーパーで購入することができます。

あなたが何かの目標の為にしている努力は必ず誰かの役に立っています。そのことを忘れないでください。

 

 

しかし、注意点があります。自分が努力していると感じている時点でそれはもう努力ではないということです。

最後までお読みいただき有り難うございます

感謝感謝

 

 

スポンサーリンク





 

引き寄せのわからない、しらない、間違ってるを解消する 幸せを引き寄せる言葉
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

 

この度、書籍を出版させていただくこととなりました。

だから引き寄せ起きひんねん!

いろいろな引き寄せのセミナーに参加したり、引き寄せの書籍を読み漁っているのに引き寄せが起きない。いろいろやっているけれど全然変化しない。「引き寄せなんて嘘っぱちだ‼」そう思っている人もいるかもしれません。引き寄せが起きない人たちが、見落としてしまうポイントをわかりやすく解説。 是非ご購入ください!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で引き寄せ実践塾をフォローしよう!