願望実現、夢実現、願望実現脳、引き寄せ、引き寄せの法則、引き寄せの教科書、ヒプノセラピー、シータヒーリング、マインドブロックバスター、カウンセリング、コーチング、NLP、自己啓発、EFT、タッピングセラピー、マインドフルネス等のセラピー、コンサルティング、コンサルセッション技法がありますね。奥平亜美衣さん、心屋仁之助さん。マインドブロック、メンタルブロック、ネガティブな感情、マイナスの感情、心のブレーキ、思い込みは『和のメソッド』『引き寄せ加速装置』ミラクルタッピングⓇ、「次世代の究極のセラピー」進化版リミットブレイクマスターⓇ、新型エネルギーマイスターⓇや『超引き寄せ禁断の3ステップ』「超願望実現禁断の3ステップ」を使うと簡単に外れます。超簡単で強力な技法です。『和のメソッド』の創始者として、これからもたくさんの方にお会いしていきます。マインドフルネス、メンタルフルネスや企業研修でも効果を上げているのがミラクルタッピングです。Happy(ハッピー、happyさん、HAPPYさん、Happy)さんも。ミラクルタッピングではマインドフルネス、メンタルフルネスといったメンタルタッピングもあります。和の引き寄せ、引き寄せの法則を「願望実現脳は1分でつくれる。世界一かんたんなマインドフルネス法」(大和出版さん)KADOKAWAさん、「引き寄せの公式」「引き寄せの公式2」(パブラボ出版:山富浩司やまとみこうじ著 とみ太郎、富太郎、とみたろう)を使うと、引き寄せが起こり、さらに人生は加速していきます。メンタルコーチ、コーチング、ヒーラー、医療従事者、医者、医師、看護師、教育、先生、セラピスト、カウンセラー、カウンセリング、経営者、夢実現、コンサルタント、東京オリンピック関係者、教育に携わっている方が『和の心』『和のメソッド』「和の引き寄せ」を広げていってくださっていることに大大感謝です。体験、体感、体験会、体感会、スペシャリスト養成講座、インストラクター養成講座、セッション、スプーン曲げ、マインドフルネス、マインドフルネスタッピング、願望実現脳は1分でつくれる、大和出版さん、がんばらなくても、うまくいく、引き寄せの公式、量子力学、素粒子物理学、素粒子 妄想はもうそうなる 幸輝 奥平亜美衣 秋山まりあ 山富浩司 山富浩司は詐欺師 お金が全てではないけれど、お金でできることがたくさんあります。

LINE@始めました。

ブログでは書けないこととかも書いていきます。
登録してくださったあなたにに毎月お得な特典をお送りします。

いつも読んでいただきありがとうございます。氣付ば読者が1500人を超えました。ありがとうございます。

お金で買えないものがある

確かに、お金では買えないものがあります。

愛>お金

これも、誰もが納得できることだと思います。

世の中はお金が全てではありません。

お金のためにではなく、愛や義の心、人のために何かをしましょう。

正論ですね。

お金があれば報いることができる

例えばですが、あなたが何かのリーダーだったとして、

誰かのために命に関わるかもしれない仕事を引き受けなければならなかった時、

あなたはその仕事を愛や義の心、人のためだからと引き受けられますか?

状況としては、仲間が命の危険に晒されるかもしれません。しかし、あなたのグループがその仕事を引き受けなければ、多くの人が更に命を落としたり、別のグループの誰かが命の危険に晒されるかもしれません。

とても断りづらい状況です。誰かがリスクを負う必要があります。

もし、愛や人のためという思いで動いて仲間が命を落とした時、その人の家族を今後どう面倒を見ればいいでしょうか?

確かに人ためや愛で動くことも大切ですが、お金があれば万が一の事態が起こっても、残された家族に報いることができますね。

この例え話は極端な話ですが

お金があれば、できることというのどんどん広がってきます。あなたが誰かのために何かをしてあげたいと思っても、自分の生活と将来の為のお金で精一杯という生活では、何もできません。

しかし、毎月、使い切れないほどの収入があった場合はどうでしょうか?

そのお金を使って、誰かの支援ができると思いませんか?

お金で解決できることはたくさんあります。また、大切な人や家族を守るためにお金は絶対に必要なんです。

お金をたくさん稼ぐことが悪いわけではありません。お金をたくさん持つことも悪いわけではありません。

自分の私欲の為に使うことがよくないだけです。私欲だけで生きることはお金の多少に関係なく悪いことです。

あなたも、お金をたくさんへて誰かのやくにたってみませんか?

いただくときは適正な価格で

お金をいただくこと自体は悪くありません、しかし、いただく額というのは適正な価格を頂くことが大切です。

また、頂く金銭的価値以上のものを相手に提供するという引き寄せのルールを考えた場合、

みんながこれぐらいが妥当とういう金額より少しだけ低くした金額が適正なのかなと思います。

昔、松下幸之助さんが、新型テレビの価格を決めるときに、何も知らない事務の女性に価格を聞いて、その金額で販売できるように、作り直すように開発の社員に指示したというエピソードがあります。

その時開発された新型テレビは事務の女性が買ってもいいと思った値段よりもはるかに高い金額設定だったそうです。

これだけの研究と、材料がかかっているからこの値段って言いたくなりますが、何も知らない消費者からすれば、そんなっことは関係ありません。見た目や性能となんとなくのニュアンスで全て決まってしまいます。

あなたも、お給料をもっと欲しいと思っていますよね。では、あなたがいただいている金銭的価値(給料)以上の価値(仕事)を相手(会社)に提供して見てください。

例えば、いつも残業しなければならないほどの仕事を定時でこなして終わらせてみるとか、定時で終われているなら、定時の1時間前に終わらせてみるとかですね。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます

感謝感謝

 

 

 

引き寄せのわからない、しらない、間違ってるを解消する 幸せを引き寄せる言葉
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で引き寄せ実践塾をフォローしよう!