この記事の所要時間 約 254

 

スポンサーリンク

メルマガ
引き寄せのわからない、しらない、間違ってるを解消する 幸せを引き寄せる言葉
読者登録フォーム
お名前  名
email
受信形式 HTML  テキスト

ご興味があれば是非ご登録をお願いします


人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると
励みになります

↓      ↓     ↓

 

引き寄せの法則ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

あなたの成功力と感謝する氣持ちは比例する!!

「感謝の法則」 というものがあります。
思った通りの結果を得るためには、
この法則を守らなければならないでしょう。

感謝の法則 は、 作用と反作用の法則
よく似ているようです。

「作用と反作用は、等しい力が常に
正反対の方向に向かっている」
という自然の原理です。

感謝 に満ちた氣持ちを 「思考する物質」
送ること、それは、力の解放を意味します。

感謝の氣持ち 「思考する物質」 に必ず届きます
それが、今度はあなたに反作用とな向けれます。

「あなたが神に歩み寄れば、
神があなたに歩み寄ってきます」
という聖書の言葉はこのことを
言っているのかもしれません。

感謝の氣持ち が常に十分あれば
「思考する物質」 の力は強くなる
でしょう。

あなたが欲しているモノの動きは、
常にあなたの方に向かうようになります。

感謝の氣持ちが なければ、
どんな力も発揮できないでしょう。

なぜなら、あなたと 「思考する物質」
結びつけているのが 感謝の氣持ち だから
です。

「最高の豊かさ」は感謝からもたらされる

感謝 の価値というのは、将来より多くの
恵をもたらしてくれるということだけでは
ありません。

人は 感謝の氣持ち がなかったら、
物事のありのままの姿に対して
不満を待たずにはいられないそうです。

物事のありのままの姿に対する
不満にとらわれるのを許してしまった
瞬間、心は後退を始めるでしょう。

意識が、普通で当たり前のモノ、
貧しいモノ、卑しいモノ、意地悪いモノに
向けられてしまい、あなたの心は
これらのモノに変わってしまいます。

そうなると、 「思考する物質」
これらのイメージを投影してしまう
ことになります。

すると、あなたに向かって
普通で当たり前のモノ、
貧しいモノ、卑しいモノ、
意地悪いモノがやってくるように
なってしまいます。

心が劣ったモノに囚われることを
許すというのは、あなた自身が
劣った存在になるということであり、
劣ったモノに囲まれるようになることを
許すということになります。

逆にあなたの意識を常に最良のモノにだけ
向ければ、常に最良のものに囲まれ、
あなた自身も最良のもとなれます。

あなた自身の中にある 創造的な力 は、
いつもあなたの意識を向けているモノの
イメージの中に、あなたを向かわせる
のです。

あなた自身も 「思考する物質」
できていて、 「思考する物質」
常に自らが思考しているモノの
形をとっています。

最良の形を持てば、最良のモノが
受け取ることができるのです。

 

 

豊かになる「確実な法則」まとめ

感謝する氣持ちが常に強くあれば、
あなたが欲しいモノの動きは、
常にあなた自身の方へ向かってきます

「思考する物質」・・・
現在の科学において素粒子の存在が
一番酷似しています。

「確実な方法」・・・
引き寄せの法則において登場する
引き寄せるための方法
いろいろなワークがありますが、根本的には、顕在意識と潜在意識の思いを同じにし、自分も周りも豊かになる方向で活動し、すべての物事に感謝の気持ちで接する。その根幹に自己受容ができる必要があると考えらる。

欲しいモノのメンタル・イメージ
あなたの頭の中に創り上げた欲しいモノのカタチなどのイメージ。ただし、必ずしも視覚的イメージである必要はなく聴覚的(音楽のようなもの)などでも可能
頭の中で保持することが困難であれば、写真や文章などアウトプットすることで、維持しやすかったり明確化しやすくなる

関連項目

第7章 お金を引き寄せる「感謝の法則」

最後までお読みいただきありがとうございます

感謝感謝

人気ブログランキングとブログ村に参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると
励みになります

↓      ↓     ↓

 

引き寄せの法則ランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

メルマガ
引き寄せのわからない、しらない、間違ってるを解消する 幸せを引き寄せる言葉
読者登録フォーム
お名前  名
email
受信形式 HTML  テキスト

ご興味があれば是非ご登録をお願いします

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で