金銭的価値を超える「利用価値」? 「豊かさは「競争」ではなく「共創」から生まれる。」の記事の中で 自分に有利な取引をする必要はないと 書きましたが、まったく何の取引をしなくていい ということでは、ないんです。 また、周りにいる人たちと駆け引きをしなくていい ということでもありません。 ただ、不公平な取引をしなくてもいいですよという意味です。無料で何かを手に入れようとする必要は ありません。そして、誰かから何かを受け取る時は その人へ自分が受け取る​以上のモノを 提供するように心がけてください。 すべての人に金銭的価値を超えるものを 与えることは、まず不可能だと思います。 しかし、利用価値として金銭的価値を超える モノを渡すことは可能だと思います。 仕事における「確実な法則」 仮にあなたが、有名な絵画を持っていたとします。 ある程度文明の発達した地域なら、何千万円も する絵だとします。 その絵をアフリカのジャングルの奥地の原住民の 人たちと、数十万円分の食料と交換したしたとします。 原住民にとって、絵は何の役にも立たないので よくない取引といえます。原住民にとって絵は 何の価値もないからです。 ですが、食料と引き換えに、数千ま円もする絵ではなく 十数万円の散弾銃と玉を渡した場合は、 とてもいい取引になると思います。 銃によって、彼らの手に食料や毛皮といったものを さらに多く手に入れることができます。 彼らの生活をより豊かにしてくれるでしょう。 競争的な段階から、創造的な段階へ移行して、 あなたの仕事を見直してみてください。 もし受け取ったもの(金銭)に比べて、あなたの 提供しているものが相手の生活に何もプラスに ならない場合、その取引を もう一度みなしてみてください 仕事で誰かを出し抜く必要なんてないんです。 誰に対しても、あなたが、お金の価値で 受け取るよりも多くの利用価値を 提供できるように心がけてみてください。 そうすれば、商取引きのたびに世界中の 命に何かを加えていることになるようです。 豊かになる確実な法則 誰に対しても、自分がお金の価値で受け取るよりも多くの利用価値を与えるようにしましょう

LINE@始めました。

ブログでは書けないこととかも書いていきます。
登録してくださったあなたにに毎月お得な特典をお送りします。

金銭的価値を超える「利用価値」?

「豊かさは「競争」ではなく「共創」から生まれる。」の記事の中で
自分に有利な取引をする必要はないと
書きましたが、まったく何の取引をしなくていい
ということでは、ないんです。

また、周りにいる人たちと駆け引きをしなくていい
ということでもありません。

ただ、不公平な取引をしなくてもいいですよ

という意味です。

無料で何かを手に入れようとする必要は
ありません。

そして、誰かから何かを受け取る時は
その人へ自分が受け取る​以上のモノを
提供するように心がけてください。

すべての人に金銭的価値を超えるものを
与えることは、まず不可能だと思います。

しかし、利用価値として金銭的価値を超える
モノを渡すことは可能だと思います。

仕事における「確実な法則」

仮にあなたが、有名な絵画を持っていたとします。
ある程度文明の発達した地域なら、何千万円も
する絵だとします。

その絵をアフリカのジャングルの奥地の原住民の
人たちと、数十万円分の食料と交換したしたとします。

原住民にとって、絵は何の役にも立たないので
よくない取引といえます。原住民にとって絵は
何の価値もないからです。

ですが、食料と引き換えに、数千ま円もする絵ではなく
十数万円の散弾銃と玉を渡した場合は、
とてもいい取引になると思います。

銃によって、彼らの手に食料や毛皮といったものを
さらに多く手に入れることができます。
彼らの生活をより豊かにしてくれるでしょう。

競争的な段階から、創造的な段階へ移行して、
あなたの仕事を見直してみてください。

もし受け取ったもの(金銭)に比べて、あなたの
提供しているものが相手の生活に何もプラスに
ならない場合、その取引を

もう一度みなしてみてください

仕事で誰かを出し抜く必要なんてないんです。

誰に対しても、あなたが、お金の価値で
受け取るよりも多くの利用価値を
提供できるように心がけてみてください。

そうすれば、商取引きのたびに世界中の
命に何かを加えていることになるようです。
豊かになる確実な法則

誰に対しても、自分がお金の価値で受け取るよりも多くの利用価値を与えるようにしましょう

「思考する物質」・・・
現在の科学において素粒子の存在が
一番酷似しています。
「確実な方法」・・・
引き寄せの法則において登場する
引き寄せるための方法
いろいろなワークがありますが、根本的には、顕在意識と潜在意識の思いを同じにし、自分も周りも豊かになる方向で活動し、すべての物事に感謝の気持ちで接する。その根幹に自己受容ができる必要があると考えらる。

欲しいモノのメンタル・イメージ
あなたの頭の中に創り上げた欲しいモノのカタチなどのイメージ。ただし、必ずしも視覚的イメージである必要はなく聴覚的(音楽のようなもの)などでも可能
頭の中で保持することが困難であれば、写真や文章などアウトプットすることで、維持しやすかったり明確化しやすくなる



関連項目

第6章 豊かさってどこからやってくるの?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で引き寄せ実践塾をフォローしよう!