WordPressの新バージョンが出てアップグレードした時に、プラグインなどに不具合が出て、以前のバージョンにダウングレードしなければならない時があります。

最新バージョンにアップグレードすると不具合が出る場合がある

wordpressのアップグレードは、開発チームが満をじして行なっているので、wordpress自体に不具合が生じることはないそうです。

しかし可能性がゼロとは言い切れれないので、備えはしておきましょう。

それよりも注意しなければならないのがプラグインの不具合です。

WordPressの最新バージョンにプラグインが対応できてないために、レイアウトが崩れたり、ブログを書くことができなくなるということになります。

そういった場合に以前のバージョンに戻す必要が出てきます。



ダウングレードのやり方

ダウングレードというのはアップグレードのように簡単には行きません。


特別難しいということではないですが、アップグレードよりも面倒な作業ではあります。

1.サーバーのファイル・フォルダを消去する(一部を除いて)

wordpressがインストールされているフォルダーの中にあるwp-config.phpファイルと.htaccessファイル、wp-contentフォルダ以外を全て消去します。

お使いの環境によっては他にも残す必要があるファイルもあります。

判断基準としては、ダウンロードしたwordpressのファイル群にないものは残しておくもしくはバックアップを取っておくといいかもしれません。

2.旧バージョンのダウンロード

http://ja.wordpress.org/releases/#olderから、旧バージョンをダウンロードして圧縮ファイルを解凍します

旧バージョンのファイルをアップロード

旧バージョンのwordpressフォルダのwp-config.phpとwp-contentフォルダ以外のファイルとフォルダをサーバーにアップロードします。

 

データベースの更新

アップロードが完了したらログインします。

ログインページを開くと「データベースの更新」を要求されますので更新します。(画面が出ない場合もあります)

更新が完了すると旧バージョン管理画面に戻っています。

ダウングレードはあくまで緊急手段

ダウングレードすると、不具合はなくなりまます。

しかしダウングレードの操作は、あくまで緊急手段なので、基本的には早めに最新バージョンにしましょう。

WordPressがバージョンしているのはセキュリティを高めるためであったり利便性の向上が目的です。

ですから旧バージョンのままWordPressを、使用し続けるとセキュリティリスクは高くなります。