人間を含めて宇宙の全ては「素粒子の塊」 午後の天気を気にするお散歩女子 モデル:茜さや

この世に存在する万物は「原子」でできている 約100種類の原子が、あらゆるパターンで組み合わさり、人間を含めた全ての物質を作っています。 原子は分解すると「中性子、陽子、電子」で構成されていて、さらに、中性子と陽子は「クオーク」という小さな要素に分解できるそうです。 現在の科学では、電子とクオークをさらに分解することは不可能だといわれています。 つまり、これ以上分解できない最小単位のものを「素粒子」と呼び、この素粒子の動きや性質を研究しているのが「量子力学」です。