素粒子は人が見たときに「モノ」になる その3 量子コンピューター カフェで原稿を仕上げるノマド女子 モデル:茜さや

現在研究が進められている「量子コンピューター」は、シュレディンガーの猫の「重ね合わせ」のメカニズムで、驚異的な処理スピードを実現するそうです。 量子コンピューターは、生きている猫と死んだ猫が同時に存在する「量子重ね合わせ」を活用することで、同時に2つ以上の演算を並列処理するメカニズムだといわれています。