量子力学における観測問題は、人間の常識とかけ離れているため、あのアインシュタインですら「月はいつもそこにある!」と反論したけれど論破できずにいたといわれています。この素粒子こそが引き寄せを起こす鍵になります。